What is Biosphere Reserve ?ユネスコエコパークとは

「ユネスコエコパーク」は、豊かな生態系や生物多様性を守りながら文化的・経済的・社会的に持続可能な発展を目指している地域として、国際連合教育科学文化機関「ユネスコ」が認定している「生物圏保存地域(Biosphere Reserve)」の日本での通称です。「世界自然遺産」が原生の自然環境保護を目的とするのに対し、「ユネスコエコパーク」の目的は、生態系の保全と持続可能な利活用の調和。すなわち自然と人間社会の共生を目指す取り組みなのです。
A “Biosphere Reserve” is an area aimed at culturally, economically and socially sustainable development that protects rich ecosystems and biodiversity designated by UNESCO. While the purpose of “the World Natural Heritage” is to protect virgin natural environment, it also seeks to balance protection of ecosystems and sustainable utilization, i.e., coexistence between nature and human society.

2015年8月現在、世界では120か国、651地域がユネスコエコパークに登録。日本では7つの地域が登録されています。
120 countries and 651 areas have been registered as Biosphere Reserves in the world as of August 2015.

3つの機能と3つのゾーンThree functions, three zones

「ユネスコエコパーク」には、“生物多様性を保全する”“学術的研究支援を行う”“経済と社会を発展させる”という3つの機能があり、その機能を果たすために「核心地域」「緩衝地域」「移行地域」の3つのゾーンを設定しています。
“Biosphere Reserve” has 3 functions:“protecting biodiversit”“supporting scholarly researc”, and“developing economy and societ”. To realize such functions, the three zones,“Core Are”,“Buffer Zon”, and“Transition Are” are set.

  • 核心地域Core Area

    生物多様性を保全する
    Core Area for protecting biodiversity

    多様な生態系が保たれている、生物多様性の保全上、最重要とされる地域。法律などによって厳格に保護し、長期的に保存しています。
    A “Core Area” holds diversified ecosystems, and is considered the most important for protecting biodiversity. Strictly protected by laws for a long period.

  • 緩衝地域Buffer Zone

    学術的研究支援を行う
    Buffer Zone for supporting scholarly research

    「核心地域」のバッファーとなる地域。持続可能な発展のための調査や研究、エコツーリズムや環境教育の場を提供しています。
    A “Buffer Zone” is a buffer for a Core Area. Used for surveys and research for sustainable development, ecotourism, and environmental education.

  • 移行地域Transition Area

    経済と社会を発展させる
    Transition Area for developing economy and society

    自然と共に発展する暮らしのモデルとなりうる地域。居住区で、持続可能性を伴う地域社会の発展や経済活動が図られています。
    A “Transition Area” can be a model for living with nature. In this area, they try to develop local communities and conduct economic activities in a sustainable way.

日本ユネスコエコパークネットワーク(JBRN)に加盟していますWe are a members of the Japanese Biosphere Reserves Network (JBRN)

このネットワークは、日本国内におけるユネスコエコパーク活動の地域間連携を促進し、一つの地域では対処できないような課題への対応、社会への働きかけなどを行い、ユネスコエコパークの理念に基づいた人間と生物圏とのより良い関係を築いていくことを旨としています。
This network promotes interregional cooperation of Biosphere Reserves activities in Japan. Responding to issues that can not be dealt with in a single area. Also encourages society, and develops human beings and biosphere based on the philosophy of Bisophere Reserves ,etc.,. We aim to build a better relationship with you.

日本ユネスコエコパークネットワーク Japanese Biosphere Reserves Network
loading